審査に重要なのは年収よりも毎月の給料

カードローンを申し込むときによく目にする条件に安定した収入というものがあります。
これは職種や就業形態に関わらず、定職に就いて毎月継続した収入があれば、たとえパートやアルバイトといった方でも融資が可能であるということを意味しています。
極端な話をすれば、一年に一度、数千万円ものお金を稼ぐことができるフリーの職種よりも、毎月会社から給料をもらっているサラリーマンのほうが、返済能力が高いと見なされるのです。
つまり、カードローン会社の言うところの返済能力は、年収よりも月給が基準になり、貸し倒れのリスクが高い方は、いくらお金を持っていても融資してもらうことができません。
この判断基準はどの会社でも同じです。
よって、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトといった方が審査で落ちてしまう最大の原因は、年収ではなく勤続した期間です。
勤続期間が短いと、安定した給料を継続してもらっているとは見なされないということになります。
審査に通りやすい勤続期間の基準はそれぞれのカードローン会社で違います。
一般的に銀行では1年以上、消費者金融では半年以上であれば融資可能となっていることが多いです。詳しく知りたいのなら今すぐお金が必要ウィキをご覧ください。
また、審査に落ちてしまうもう一つの原因に他社借入件数と借入総額があります。
これらが多いと、返済能力以前に返済意識や自己管理ができないと見なされ、融資を受けることができなくなってしまうので、過去の利用履歴がある方は借りすぎに注意しましょう。

カテゴリー: 金融 | コメントする

安心してキャッシングを利用するための比較ポイント

キャッシング会社を安心して利用するための比較ポイントの1つ目は、それを提供している会社の特徴です。
現在このようなローンを提供している会社には銀行系と信販系と消費者金融系の三つがあります。
銀行系は大規模な会社が多いため審査にも比較的通りやすい傾向があり、消費者金融系は審査が早いのが強みです。
お金必要で初めてキャッシングを利用するときは知名度の高い会社を選ぶとなお良いでしょう。
名前の知られている会社は信頼感が大きいからです。
2つ目のポイントは利用限度額です。
借り入れの利用限度額は100万円~300万円程度が平均ですが、こういったローン会社の中から選べばより返済しやすくなります。
さらに返済をしやすくするには、金利がより低い会社を選ぶとよいでしょう。
金利が低いとそれだけ返済総額を減らすことができますので、より返済がしやすくなるからです。
金利の低いキャッシング会社から借り入れをしたいときは最低の金利だけでなく最高の金利にも注目して選ぶようにしましょう。
融資をしてくれる会社は3.0%や5.0%など、最低の金利のみを強調して宣伝をしていることが多いですが、最低金利は限度額いっぱいの借り入れをした時のみに適用されることがほとんどです。
このため、最高の金利も比較する必要があるのです。
短期間で返済できることが確定している時は無利息期間に注目して借り入れをする会社を選ぶ方法もあります。
この期間は初めて借り入れをする人限定で適用される場合もあれば、何度でも適用してもらえることもあります。

カテゴリー: 金融 | コメントする

キャッシングの極意、教えます。

今回はキャッシングを利用するにあたっての極意を伝授してしまおうと思います。
これさえ押さえておけばキャッシングで笑うことはあっても泣くことはまず無いでしょう。

それくらい自信を持って伝授出来る極意となっております。

<キャッシングの極意五箇条>
一、キャッシングは最低限の必要な分だけにする
二、お金に余裕のある時は出来るだけ返済にまわす
参、聞いたことも無いような不審な業者を利用しない
四、キャッシングの借入額を常に把握している
伍、返済に遅れない、または遅れる場合は必ず連絡をする

以上がキャッシングの極意五箇条です。

これさえ守ればキャッシングで困ることはまずありません。

特に、キャッシングで借金を増やしてしまう人で最も多いのが「一」を守らない人です。

本来1万円だけで良かったところを、何があるか分からないから…とか、後で足りなくなってまた借りるのも面倒だから…とか、また借りる時の手数料がもったいない…とか、要するにちょっと多めに借入をしてしまうと、それがいつの間にか癖になってしまい、気付けば借入額がとんでもないことになっていたということがあります。とんでもないことになっているということは、「四」の借入額を把握していないということにも繋がりますし、「伍」の返済に遅れないというものも困難になってしまいます。

「一」を守らないとかなりの悪循環になってしまいますので、まずは「一」を必ず守るようにして下さい。キャッシングは必要な分だけ最低限だけ借りるようにする!これが最も重要です!

カードローンは利用次第では本当に便利なサービスです。
出来るだけメリットだけ感じれるように利用方法には十分に注意しましょう。

カテゴリー: 金融 | コメントする

電話連絡が無いキャッシングの方法

キャッシングをするとどうしても気になってしまうのが電話連絡ですよね。

例えば、

結婚をされている方なら妻に知られたくない…や、
家族と一緒に住まれている方なら家族に知られたくない…など、
事情は色々とあると思います。

他にも、会社に在籍確認の電話が来たりする場合もあります。

このような電話連絡が嫌でキャッシングを躊躇っている人も多いと思います。

そこで、今回はキャッシング時に電話連絡が来ない方法を伝授したいと思います!

まず、電話連絡が来ないお金の借り方としては、
クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるというものです。

カードを利用する際、かなり高額な商品であったり、突然海外で使われたなどのイレギュラーでない限りは確認の電話は来ません。それと同時でキャッシング時にも電話は来ないのです。これもお金を借りるけど電話連絡が来ない方法の一つです。

もう一つは、仕事が自由業であり、一人暮らしをされているということです。

自由業ということは会社に属していませんから、
当然会社に電話がいくということはありません。

また、一人暮らしをしているので基本的に実家に電話がいくということもありません。

これで誰にも知られずにお金を借りることが出来るという訳です。

最初に言った妻や家族に知られたくない方は、
二つ目の方法は物理的に出来ないかもしれませんが、
最初の方法は明細を見られない限りバレることはありません。

今では明細もWEB上で送ってくれるようにも出来ますので、
まずそのような手続きをした方が良いかもしれませんね。

こんな感じで誰にも知られずお金を借りる方法があります!
是非試してみて下さい!

カテゴリー: 金融 | コメントする

キャッシングをする前に

いよいよ本日からゴールデンウィークも本番ですね。
GW中は色々と散財する方も多いと思います。

そしてGW明けにお金が無いという事態に陥るわけですね。

サラリーマンにとって連休は非常に貴重な存在です。

連休なんて年末年始とお盆、ゴールデンンウィークとシルバーウィークぐらいでしょう。
少ない休みの中で旅行などが集中するから需要がある分、お金も普段より散財してしまいます。

海外では3週間~4週間ぐらいのバケーションを一年に一回とるのが常識となっているようですが、
日本ではそんな慣習がありません。残念ながら。

サラリーマンの給料でただでさえ料金の高い連休にお金を散財したらもう家計は火の車ですよね。

足りなくなったお金はお金を借りるなどして補填しなければなりません。
ではどこでお金を借りるのが良いのでしょうか。

急ぎでお金を借りるのなら、大手の消費者金融がおすすめですね。
消費者金融でも優良業者と悪徳業者があるので、出来るなら大手の消費者金融がおすすめです。

今ではWEB申し込みをすれば即日融資を受けることが出来る大手の消費者金融が増えています。

具体的にはお金借りる急ぎというサイトで紹介されている消費者金融などはおすすめですね。
全て大手で知名度が高いので安心して利用できます。

逆にマイナーな消費者金融は注意が必要です。
消費者金融を装った闇金や闇金まがいの業者もありますので。

なのでキャッシングをする前にはいくら急ぎだといっても業者選定は慎重にしましょうね!

カテゴリー: 金融 | コメントする

コンビニで働く人を見て思うこと…

最近コンビニに行くと、かつての学生がアルバイトをするイメージからちょっとだけ変わっていきているように思います。ちょっと前は中国人なんかが多く、田舎でもそんな光景が見られるようになってきたのですが、今はまたちょっと違ってきました。

それは、中年の男性が多く働いているということです。
しかもおそらく還暦を迎えたであろうなかなか威厳のある中年の方が働いている光景をよく目にします。これは一体どういうことか…、おそらく年金の引き上げによるものだと思います。年金の引き上げで65歳まで働かなくてはならない状況の方が多いのではないでしょうか。

実際レジで目の当たりにしてみると、手慣れている感じはしなく、どことなくありがとうございましたというのも恥ずかしがってるような感じさえしました。本来ならもう現役を退き、余生を楽しむはずの60代、コンビニでレジをやらなくてはならないというのもなんだか寂しいものです。

今はまだ良いかもしれませんが、我々が中年になる頃は年金が受給出来る年数ももっと引き上げられている可能性もあります。そうなる前にしっかりと貯蓄をし、そういう風にならないことにすることが先駆者が伝えてくれる無言のメッセージなのかもしれません。

そういう意味でいうと、お金の運用の仕方なんかは現代人の方が優れているかもしれませんね。例えばキャッシングなんかもその一つだと思います。今ではネットで契約出来るにも関わらず、おそらく中年の方はキャッシングのやり方さえ知らない方が多いのではないでしょうか?そういうのを一つ取っても覚えておいた方が世の中暮らしやすいのかもしれません。

これから日本がどうなっていくのか分かりませんが、キャッシングの方法くらいは覚えておきたいものですよね。勿論、私はその辺はしっかりと熟知していますよ!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

キャッシングをしたことが無い人へ

今日はキャッシングをまだしたことが無い人向けに書こうと思います。

世の中何でも経験しておいた方が良いなんて言いますが…、
普通に考えてキャッシングについては未経験の方が良いに決まっています。
それはつまりお金に困ったことが無いということですからね。

しかし、これからの時代、お金の借り方一つくらいは覚えておいた方が良いと言えます。

一昔前はサラ金からお金を借りるという行為自体後ろめたいものでしたが、
今ではテレビCMでもお馴染みの通り、我々の生活に随分と溶け込んでいます。

テレビCMを流すには多額のコストがかかります。
それをあれだけ流しているのですから、それはサラ金業界が儲かっている証拠でもあります。
サラ金業界が儲かっているということはそれだけサラ金を利用している人が多いということでもあります。

なぜそんなに借りる人が多いかと言えば、
それだけ日本の経済が困窮しているという証明でもあると思います。

総量規制という年収の1/3までしか借りることが出来ない法律が施行され一時期よりも勢いは衰えましたが、それでもまだまだサラ金の需要は大きいです。明日は我が身のこの時代、お金の借り方一つくらい覚えておいた方が良いとは思いませんか?

今ではインターネットからでも簡単に審査をすることが出来、そこから申込みまで完結することが出来ます。そのままお金を自分の口座に振り込んでもらい、行動してはATMで自分の口座から引き出すようにお金を借りることが出来るのが今の時代です。

手順についてはそういったサイトが多数ありますのでそれらを参考にして頂きたいのですが、そういった術も覚えておかなくてはならない時代に突入したと言えると思います。

今までキャッシングをしたことが無い人は、
キャッシングの方法を覚えておいた方が良いと思います。

カテゴリー: 金融 | コメントする

お金がある時こそキャッシングの用意を

キャッシングというと、
一昔前まではあまり良い印象を持たれませんでした。

そのイメージを変え消費者金融がブームまでになったのが
約10年ほど前くらいですかね…。

後述しますが、総量規制という法律が敷かれる前の
武富士やお自動さんなどのテレビCMがガンガン流れていた頃です。

他にも、黄色い看板プロミスや初めてのアコムなど、
当時の消費者金融のCMのキャッチコピーを覚えている人は多いでしょう。

あの頃からお金を借りるという行為に対しあまり抵抗感が無くなり、
今ではキャッシングをするという行為自体が当たり前の時代になってきました。

あまりにもお金を借りるということが日常化してしまった為、
総量規制という年収の1/3までしか借りれない法律まで出来てしまったくらいです。

最近ではめっきり消費者金融のCMが減りましたが、
それでも今もキャッシングは日常化しており、
我々の生活を支えている巨大サービス産業となっています。

とはいっても、キャッシングをしたことがある人よりも
したことが無い人の方が多いと思います。

それはやはり抵抗がある人がまだまだ多いということです。

しかし、まもなく消費税が8%になります。
自販機もジュースの価格も16年振りに120円から130円へ値上がりするそうです。
間違いなく物価は上昇し我々の生活は更に圧迫されることになるでしょう。

そんな今だからこそキャッシングの用意をしておいた方が良いかもしれません。
これまでキャッシングをしたことが無かった人でも、
今後はキャッシングをする人が増えてくるのは世の中の経済状況を見ても間違いありません。

キャッシングには借入審査というものがあり、
審査は年収や職業などが重要視されます。

これがしっかりと安定しているうちにカードを契約しておいた方が良いといえるでしょう。

実際に私の周りの友人などでそういう動きをしている人が増えています。
突然リストラになってからでは借入審査が通りにくくなってしまいますからね。
是非参考にしてみて下さい。

カテゴリー: 金融 | コメントする